メニュー

ふるさと納税サイトを紹介!

実質2,000円の負担で地域の特産品ももらえるとして人気の「ふるさと納税」。
テレビなどでも取り上げられることの多い「ふるさと納税」ですが、利用方法などわからない方も多いかと思います。

【今回ご紹介するサイト】

ふるさと納税サイト「ふるなび」

さとふる

Wowma!ふるさと納税

ふるさと納税とは?

ご利用方法の前に、ご存知の方も多いかと思いますが、「ふるさと納税」について説明してまいります。

ふるさと納税の趣旨は、私たちが生まれ、そして育ててもらった故郷に納税と言う形で寄付を行うことができます。

その寄附金額の2,000円を越える部分について所得税と住民税から原則として全額が控除される制度(控除額には一定の上限があります)です。

ふるさと納税の確定申告

先の項でも説明したように、2000円を超える部分が控除対象となりますが、そのためには確定申告が必要となります。

主に自営業者の方や、年収2000万円以上のサラリーマンの方などが、その対象となります。
そのほかにも条件がありますので、詳しくはふるさと納税サイトでご確認ください。

控除上限額の目安

控除上限額は、納めている税金の金額によって異なり、寄附を行う方の家族構成や年収(所得)やすでに受けている税金控除の金額によって決まります。

詳しい計算方法やシミュレーションなども、サイトに用意されていますので、そちらでご自身の上限額を調べてみてください。

ふるさと納税「ふるなび 控除上限額シミュレーション」

さとふる 控除上限シミュレーション

ご利用方法

利用方法はいたって簡単です。どこの自治体に寄付するかをサイトから探し出しカートに追加するだけです。通常のショッピングサイトで買い物するのと全く同じです。
違うのは「ワンストップ特例制度」を希望するかを選択しないといけないことくらいです。

ワンストップ特例制度」を利用しない場合は、「寄付金受領証明書」が送られてきますので、それをあわせて確定申告を行なってください。「ワンストップ特例制度」を利用する場合は、申請書と本人確認書類(マイナンバーカードなど)を寄付(購入)した自治体に送付してください。

おすすめのふるさと納税サイト

数ある「ふるさと納税サイト」から、当サイトでは下記の3つを紹介したいと思います。

  • さとふるの特徴は、何と言っても返礼品のレビューが掲載されている点です。通常のショッピングサイトと同様に実際に寄付された方達のレビューがあるので、とても参考になるかと思います。
    また、クラウドファウンディングを通じて自治体を応援できるプロジェクトなど、他とは違った形で寄付できるのも特色です。

  • ふるさと納税サイト「ふるなび」
  • クレジットカードで決済すれば、寄付金額の1%分の「Amazonギフト券」がもらえ、12月31日までの期間限定で、もらえる「Amazonギフト券」が2%分にアップするキャンペーンを実施中です。もしアマゾンを利用される方ならオススメです!

  • Wowma!ふるさと納税
  • 2018年10月にKDDIがオープンした「ふるさと納税サイト」です。特徴としてはauポイントが使えるということでしょうか。WALLETポイント、Wow!スーパーポイントで寄附頂けます。あとはお支払いには「auかんたん決済」を利用できますので、auの携帯電話を利用している方にはおすすめです。

    大阪市北区西天満1-10-8
    西天満第11松屋ビル101
    TEL:06-6130-8111

    © 2019 ASAPORT 株式会社 All rights reserved.